2011年06月15日

自転車のカゴ

ドラゴンボールの話がブログの先頭なのに嫌気がさし、更新。

太った。
腹がブヨブヨしている。
いままで着ていたTシャツが、ピチピチしだした。
いけない。
このままでは、僕の憧れ、ウォン・ビンになれない。

仕上げで、てんとこまい。
乗り換えの渋谷で、なんとなく下車し、意味なく、国際卓球渋谷店へ。
買う気もない、新品のラケットたちを握る。
泣きそうになる。
木曽檜のラケットを手にする。
俺、ちょっと前まで、木曽にいたんだよ。
木曽で映画撮ってたんだよ。檜とか、さんざん映画に出て来たよ。
一本丸ごと、切ったりもしたのに、この小さな薄い板が、今の俺には、遥かに遠い。
卓球してえ。心で呟く。

自転車が、パンクばかりしていて、もはや使い物にならず、慌てて購入。
家が駅から遠いので、死活問題なのだ。

最近の自転車屋は、やたらとスポーツタイプを推してくる。
やれ、新宿、渋谷まですぐだとか、運動になるとかいって、数万円するやつを推してくる。
そんなにいいならと、いろいろ見るが、俺は、自転車にカゴがないと嫌なんだ。
その旨を告げると、店の人は言う。
カゴを付けると、バランスが悪くなる。普通は付けない。
リュックを背負え、メッセンジャータイプのバックを背負えと。
俺は言う。
カゴは絶対です。
店の人は言う。
じゃあ、ママチャリでいいと思います。
俺は言う。
スポーツタイプに、カゴは付けれないか。
付けれますけど・・・
店の人が、苦い顔をする。
わかってるよ。常識なんだろ。
でも俺は、カゴが欲しいんだ。好きにさせてくれ。
間違いは、身体を張っておぼこむ、尾崎豊方式なんだよ。
結局、スポーツタイプにカゴがついた、店の人曰く、中途半端だという自転車を買う。
きっと、ちゃんとしたものが欲しくなりますよ。
店の人が言った。
カゴがついた、ちゃんとした自転車を売れ。
カゴが可哀想だ。

そして、今、俺は、その自転車に乗っている。
カゴが必要だったためしは、今のところ、ない。
だって、バランス悪くなるんだもの。
posted by okita at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうして、監督は カゴがほしいのかなあ?
Posted by まゆ at 2011年06月19日 23:01
卓球したぁい。
自転車ほしぃ。
欲しいものが全部欲しい。
Posted by ぎふっこ at 2011年06月21日 19:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209852637

この記事へのトラックバック