2014年01月04日

謹賀新年と少年スポーツ漫画

あけましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。

正月、実家に帰り、昔読んでた漫画などを引っぱりだしてきた。
少年スポーツ漫画が好きなので、そんなもんばかりある。
読んでいて、ふと思ったことがあった。

少年スポーツ漫画は、往々にして、潜在能力の高い主人公がひょんなことから、そのスポーツなどをやる事になって、周りのチームメイトたちと、友情などを育みながら、成長していく。
次々と現れるライバルたちと、僅差の勝利をモノにして、なんだかんだあって、結局、全国大会に行くことになるのだが、そこら辺で、必ずといっていいほど、出てくる回がある。

学校の成績が悪くて、インターハイとかに行けないかもしれない回だ。

あれは、いったい、なんなのだろう。
誰が最初に描いたのだろう。思いついた人は、きっとすごい。

そのだいたいが、赤点問題で追試を受けることになり、頭の悪いキャラが、頭のいいキャラに教わって、家で勉強したりして、ギリギリセーフで、なんとかなる。
この回は、スポーツ漫画として、絶対に必要なのだろうか。
もう、ここで、追試がダメで、全国に行けない流れ、という漫画が見てみたい。
いや、この追試のとこだけを、数回に渡って、こだわるスポーツ漫画とか。

あと、全国大会の初戦は、大阪代表と当たる場合が多い気がする。

正月に、そんな事を考えた。
posted by okita at 01:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
今年も諸々楽しみにしております。

大阪人として「初戦雑魚キャラ」うえるかむですな。
関西弁で話すあの子が大人気に。味っこ一馬くんのように。
の可能性が潜んでいますから。ふふ
Posted by at 2014年01月06日 08:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/384284266

この記事へのトラックバック