2018年10月01日

感謝

いつもその人は、縁側の椅子に腰掛けて
ちょうどいい風がくる場所で、目をつむっていて
スタッフの準備が終わって、いざ撮影になると、すっと自分の居場所に入って
まるでその家に住んでいるかのように、芝居をはじめる。
まるで、魔法使いのような人でした。
改めて、貴重な時間を過ごさせていただきました。
僕は、たくさんの言葉をいただきました。
言葉だけではもちろんなく。
悩める自分の背中を押してくれました。
励みです。
あまりに短い時間だったので、そんな綺麗な言葉を並べる勇気もありませんが
こんなひっそりとした場所だけでも、書いておこうかと。
あとで恥ずかしいとは思うのだけど。
感謝の気持ちです。
posted by okita at 23:57| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもその人は、縁側から静かに、監督や皆さんのことを観察していたのではないかと…

希林さんのコメントの中で監督のことを、これからも成長をして、日本を代表する監督になる筈だ!とあった時、感動して泣けてきたのを思い出します。。

希林さんの言葉は間違いないと私も信じています😊

これからも監督らしい映画を沢山撮って、希林さんにに喜んでるもらいたいですね✨✨✨
Posted by non at 2018年10月02日 01:06
言葉にならないですね。
Posted by at 2018年10月13日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: