2019年04月25日

缶ビールに装着して、小さなボタンを押しながら注ぐと、泡がクリーミーになるという、謎の道具をもらった。

単四乾電池を二本も使う。ビールの泡のためだけに。

注ぐとき、その道具から、1秒間に4万回の超音波が出るらしい。
4万回の超音波。わからない。タウリン1000ミリグラムくらいわからない。

たしかに、泡がクリーミーになった気がする。
気がする。
正直、よくわからない。
違いを確認してもいいのだが、その行為自体が、もう面倒くさい。
いい泡が出ている。
そう自分に言い聞かせ、缶ビールにそれを装着して飲んでいる。

ビールじゃないものに装着してみたい。
なんか、ことによっては、大変なことになりそうだ。
だって、4万回だぞ。
超音波だぞ。
肩にあてたら、マッサージとかにならないものか。


posted by okita at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。