2014年01月15日

デブ

太った。

気がついたら、やばいくらいに太っていた。

もう、どうすることもできない。

僕の手には、負えない。

あとは、世の中が何かしらの異常で、僕を除いた人類全員が、急激なまでに太り、
それで、もう、僕が、痩せて見えるしかない。

posted by okita at 02:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

謹賀新年と少年スポーツ漫画

あけましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。

正月、実家に帰り、昔読んでた漫画などを引っぱりだしてきた。
少年スポーツ漫画が好きなので、そんなもんばかりある。
読んでいて、ふと思ったことがあった。

少年スポーツ漫画は、往々にして、潜在能力の高い主人公がひょんなことから、そのスポーツなどをやる事になって、周りのチームメイトたちと、友情などを育みながら、成長していく。
次々と現れるライバルたちと、僅差の勝利をモノにして、なんだかんだあって、結局、全国大会に行くことになるのだが、そこら辺で、必ずといっていいほど、出てくる回がある。

学校の成績が悪くて、インターハイとかに行けないかもしれない回だ。

あれは、いったい、なんなのだろう。
誰が最初に描いたのだろう。思いついた人は、きっとすごい。

そのだいたいが、赤点問題で追試を受けることになり、頭の悪いキャラが、頭のいいキャラに教わって、家で勉強したりして、ギリギリセーフで、なんとかなる。
この回は、スポーツ漫画として、絶対に必要なのだろうか。
もう、ここで、追試がダメで、全国に行けない流れ、という漫画が見てみたい。
いや、この追試のとこだけを、数回に渡って、こだわるスポーツ漫画とか。

あと、全国大会の初戦は、大阪代表と当たる場合が多い気がする。

正月に、そんな事を考えた。
posted by okita at 01:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

抜群

いささか先生という名前は、やっぱ抜群だと思う。
posted by okita at 03:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

諸々

「滝を見にいく」という映画の撮影をしておりました。
山の中で、雨と闘いながらの撮影でした。
東京に帰った今も、ついた泥がとれません。
おそらく、情報など、まだ先のことと思いますが、来年に公開されると思いますので、見かけたら、ぜひ。
前に中編と書きましたが、堂々した長編になるかと思います。

書いてなかったので、情報など少し

テレビ東京の深夜ドラマ「ノーコンキッド ぼくらのゲーム史」の第8話だけ演出を担当しました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/noconkid/
懐かしいゲームが盛りだくさんでした。
ゲームセンターを舞台にした、ドラマです。現在も絶賛放送中です。

11月23日に公開される映画「ジ・エキストリーム・スキヤキ」に、ほんのちょっとだけ出演しております。
http://ex-sukiyaki.com
監督が前田司郎です。「横道世之介」や「ノーコンキッド」の脚本も書いてもらいました。
卓球好きの私としては、まさに、夢の共演でした。

「少年と自転車」という映画を観ました。
主人公の少年の動きが、とてもスピーディーでした。早すぎて、若干、イラっとしました。
自分が、あんなに早く動けないからでしょうか。嫉妬でしょうか。
遅い少年の方が好きですが、映画は面白かったです。

休みに何をすればいいか、わからなくなりました。
無駄に、家電量販店などに、赴き、買う気もない、パソコンたちを触ったりしました。
今のパソコンは、みんな、デザインが研ぎすまされ、無駄が省かれ、シンプルになって、まるで、フリーザの最終形のようです。
たまには、無駄だらけの、ごついパソコンも見てみたい。
厚さが10センチくらいある、軽反発のノートパソコンとか。
横から、両腕が出ている、人型パソコンとか。
キーボードのキーの配置が、他と全然、違うとか。
リターンキーが異様に小さいとか。叩くと、いちいち、松岡修造の声がするとか。
キーによっては、ちょっと食べることもできるとか。
もう、ルンバみたいに掃除もできるとか。
もっと、色々なパソコンがあってもいいのにな。
まあ、買わないけど。
posted by okita at 01:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

キャスト募集

秋ですね。

さて、この秋口に、中編を撮ることになっています。

おばちゃんたちが、山で遭難する話です。

キャストを、オーディションで決めます。
40代からの女性を限定にしております。
現在、50代以上の方、もしくは、60代、70代でもオーケーです!!
体力と興味のある方、こちらまで、ご応募待ってます。
http://www.eigeki.com/workshop/

posted by okita at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

だいちまお

セブンイレブンで淹れたてコーヒーの販売をしていたので、頼むと、ただの紙コップを渡された。
なんか、検尿みたいだ。

ファミレスで仕事をしていたら、少し離れた席に、おじさんと、若い外国人がいた。
どういう関係なのか、わからなかったので、こっそり見ていると、
どうやら、おじさんから、日本語を学んでいるらしい。
外国人は、必死に日本語を声にだし、メモをとっている。
ファミレスで、こんな授業みたいなこと、できるんだなあと思って、見ていると、おじさんが

「だいちまお」「だいちまお」

と言っている。

外国人も、真似をして、声に出し

「だいちまお」「だいちまお」

と繰り返している。その後、おじさんが、その意味を教えるかのように

「抱いてしまおう」

と言ったのだ。「抱いてしまおう」と外国人も繰り返す。

「だいちまお、抱いてしまおう」おじさんが言う。
「だいちまお、抱いてしまおう」外国人が言う。
「オッケー、オッケー」と言って、二人が笑う。

いったい、何を教えているのか。
「だいちまお」が、英語みたいだった。
posted by okita at 02:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

鬼の器

疑似恋愛シュミレーションゲーム 
「鬼の器」


 己の肉体の変化を感じ、嶋田次郎は、鏡の前で、愕然となっているのだった。次郎は、ここ最近、豆腐と玄米しか口にしておらず、デトックスという名の魔物に取り憑かれ、健康になるのはいいが、顔つきは鋭さを増し、美しい彫刻のように、精悍な雰囲気を漂わせはじめていた。そして、次郎もその事については、自己嫌悪に陥ることはなく、むしろ自慢気な顔さえ浮かべていたのだが、ある日、かねてから密かに好意をよせる、同僚の矢島恵子に、「最近、嶋田さんの顔つきが怖い」と、半ば冗談ではあったが、そう、からかわれてからというもの、次郎の中で、ある変化が起きている。次郎における「健康」とは果たしてなんだったのか。鏡の前で次郎は、しばし自分の顔をじっくりと眺め、頬を撫で、そしてゆっくりと瞳を閉じた。それから、まるで火山の噴火のごとく、次郎を襲った急激な苛立ち。瞳を開くと、そこに映ったのは、まるで一匹の鬼のような形相。いったい、俺はどうしたというのだろう!! 俺は、わかってしまった。次郎は、すぐさま台所へ駆け寄ると、およそ十キロも買い込んだ玄米の袋の中に、自らの拳を思いきり突き刺した。そして、玄米を掴めるだけ掴むと、おもむろに、リビングの壁に投げつけたのだ。突然の豪雨が、ビニール傘を叩くような音と共に、床に散らばる一面の玄米曼荼羅。次郎は、乱れた呼吸を整え、考えた。果たして、自ら健康の鬼と化したこの二ヶ月はなんだったのか。デトックスなどはない。そうだ。俺は・・・もしかして、モテたいのか?・・あの矢島恵子にモテたいがために始めたことだったのか?・・ようやく次郎は、気がついた。38歳にして、気がついた。ああ、俺は、モテたい。モテたくて仕方がない。その夜、次郎は、布団の中、悔しくて、むせび泣いた。泣いて泣いて、そして、また朝が来たのである。次郎はそれを、「新しい朝」と呼んだ。

さて、出勤だ。今日こそ、矢島恵子にコクるぞ・・・2へ
コクるのは、まだ早い、せめて矢島恵子をデートに誘おう・・・3へ
posted by okita at 03:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

ブログを直そうとして、こんがらがってます。

ブログを一生懸命、設定変更しております。
どうしようもなく、わけわかりません。
コメントをくださった方、ありがとうございます。
感謝して読んでおります。

もう少々、お待ちください。
posted by okita at 17:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

映画「横道世之介」公開

冷蔵庫の中が臭い。とんでもなく臭い。

映画「横道世之介」が明日、いよいよ公開だと言うのに。

原因はニラだった。腐っている。腐りすぎて、べとべとしている。

ニラよ。
映画「横道世之介」が、明日、全国で公開されることを、知ってのことか。

捨てようとしたら、腐ったニラの粘着みたいのが手に染みて、一人、大騒ぎだ。

映画「横道世之介」の、連日の騒ぎに嫉妬しているな。ニラよ。

ニラよ。知っているかい。

映画監督はね。撮り終わったら、ただのおじさんだよ。

中性脂肪とか、無呼吸症候群に悩む、ただのおじさんなんだよ。

撮った映画は、一人で勝手に、歩いていくよ。
ただの肥満のおじさんには、もう手が届きません。
その背中を、そっと見守るんだよ、ニラ。おい、腐ったニラ。
わんぱくでもいい、たくましく育っておくれよ。
俺も頑張るから。
頑張って、ヘルシア緑茶を、ちゃんと二週間飲むから。

ニラを、コンビニ袋に、ぎっちぎちに包んで捨て、言います。

映画「横道世之介」明日、23日(土)より、全国で公開します。

外が寒いから。

そんな理由でいいんです。

そこの街ゆくカップルたち、デートに使ってやってくださいな。

絶縁状態の親子、観に来たら、何か変わるかもしれません。

莫大な遺産の相続に、揺れる一族。

一族もろとも、映画館へどうぞ。
その遺産、映画に使っちゃいなよ。

ともかく観に来てくれると、嬉しいです。

袋の中のニラもそう言ってます。

ニラ「うん、うるせーよ」

お近くの劇場を、こちらでお調べを。
「横道世之介」公式HP
http://yonosuke-movie.com/

よろしくお願いします。
posted by okita at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

進化

スマートフォンのメールが、片手で打てるようになった。
俺がスマートフォンに慣れたのか。
いや
キリンは、より高い草を食べるため、首が伸びたという。
きっと、俺の親指が伸びたのだ。
これは、もう進化だ。
posted by okita at 04:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

手帳

手帳を買いに。
たくさんあって迷う。

今年は、時間を有意義に使う、とのことで、縦に時間が区切られている手帳を買ったが、全く効果がなかった。
手帳ひとつじゃ、そんな人は変われません。

一日一ページの手帳があった。
余白だらけ。何を書き込むのか。
毎日、そんなに書くことがあるのか。
使い方が書いてある、別冊があったので、見てみる。

濃い。
一日が濃い。

いろんな所に行き、いろんな人に会い、何かに気づき、想いを馳せている。
映画を観て、週末は、どうやらデートらしい。

リア充。本物のリア充。

こんな人になりたかったよ。
こんな人、いるの?
毎日は、矢のように、過ぎ去るのみ。
一日、一日は、そんな留まってはくれません。
ああ、時間よ。

Youtubeとか見てたら、2、3時間、平気で過ぎちゃうのに。
手帳に、矢印引っ張って、「Youtube」って予定を事前に書けというのか。

結局、月ごとのやつがあれば、充分です。

もう、厚紙に自分で枠書けば、事足りるな。
posted by okita at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

近況

全く更新していなかった・・・
ホームページ、更新できませんでした・・・
とりあえず、近況まで。

*2013 2月23日に、映画「横道世之介」が全国順次公開予定です。
http://yonosuke-movie.com/
*2012 TBS系列「イロドリヒムラ」第9話を担当させていただきました。12月10日に放送です。
http://www.tbs.co.jp/irodorihimura/

現在、ドラマの制作に入っている。何も知らない世界に、いきなり首を突っ込んだ。
怖いが、それだけに、緊張と、やりがいと、楽しみがある。
昔、志村けんのだいじょうぶだ、で、志村けんと、いしのようこが夫婦のコントをやっていた。
そのコントは、毎週楽しく続いたが、番組も終盤だったか、いきなり、ふたりの感動ドラマみたいな回があった。
笑いが一切なく、ただ、歳をとる夫婦みたいなやつだ。
これが、志村けんの本当にやりたいことだったのだろうか。
なんだこれ、と、当時は思ったが、今となっては、他の夫婦コントはあまり覚えていない。
ただ、その回のコントの記憶だけがある。
posted by okita at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

ホームページって、めんどうなの

とりあえず、閉鎖していたページを戻しました。

また、これからも、ちょくちょく更新しますので、よろしくお願いします。



posted by okita at 06:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

うま煮

ホームページを更新しようとしているが、今のソフトについていけず、断念。
もういい。
休戦だ。

牛肉うま煮そばを頼んだ。
うまかった。
ていうか、うま煮そばって、そもそもなんだ。
うまく煮ているそばなのか。
だとしたら、うまく煮ているのは、牛肉なのか、そばなのか。
うま煮は、うまい。
トロトロしててうまい。
まずいうま煮は、そうそうない。
うまく煮ているのだから、うまいに決まっている。
自分で言っているのだから、相当の自信があるのだろう。
有言実行そば。
うま煮の謎は、深まるばかり。

ていうか、調べてみたら、醤油、味りん、砂糖、出し汁などともに、甘辛く煮付けるのだそうです。

糖分よ。ああ、糖分よ。

「横道世之介」という映画の撮影が終わり、現在、編集作業中。

”のどに詰まる”という、ふざけた理由で
マンナンライフ蒟蒻畑がなかなか売ってない、今
しばらくは、糖分との戦いが続くだろう。

明日はどっちだ。
posted by okita at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

ラモス

目の前に、食べ物があると、いつの間にか、つまんでしまう。

もう、病気だと思う。

高校生の頃、ラモスを追いかけたことがある。

「待て!ラモス!」と叫びながら、走って追いかけた。

あれが、若さだ。

口さみしい30代。あの頃の若さを今一度。

それにしても、逃げるラモスは、速かった。
posted by okita at 15:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

ゆらす

ミッションインポッシブル4を観る。

トム、負けねえからな。

近頃。ぶくぶくと太り、おっぱいがでかくなってきた。

自分で揺らし、楽しむ。

今日も、自分のおっぱいを揉みながら、魁!男塾を読んで、寝ようと思う。

現在、編集中。

ミッションインポッシブル4で、トムの運転する車が、道行くラクダとぶつかりそうになり、間一髪で避けていた。

これを超えるアクションシーンは、まだない。
が、負けないように、頑張らなくてはいけない。
posted by okita at 01:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

横道世之介

「キツツキと雨」が公開しています。場所によっては、もうすぐ終わったり、また始まったりしている模様です。

観てくださった方々、ありがとうございます。
面白かった方も、面白くなかった方も。
二時間つきあわせました。貴重な時間をありがとうございます。

ほっこり系映画監督の端くれとして、これからもがんばります。

さて、次のほっこりする映画を、ほっこり準備しております。

情報がもう、公開されております。

「横道世之介」という映画です。
http://yonosuke-movie.com/

エキストラを募集しているので、暇な方は、ぜひ、参加してみてください。

忙しいときにかぎって、TSUTAYAから、半額のお知らせがきます。

これに、返信してみたら、どうなるんでしょう。

いつもありがとうございます。もうすぐ春ですね、僕は、今日、カツ丼を食べました。カロリーがちょっと心配、みたいなことを書いて、今度、返信してみようと思います。

家から、チャリこいで、ぜいぜいはあはあ言いながら、駅まで走り、満員電車に揺られ、具合が悪くなり、その場にうずくまりました。

もう嫌だ。

翼くんや、岬くん、若林くんにはなれません。
平戸中学、佐野くんになれたらと思います。
posted by okita at 02:26| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

本が出ました、買ってください

「キツツキと雨 〜ユートピアを探して〜」という本が、絶賛発売中です。

51mwkwFslzL._SL500_AA300_.jpg

映画のために、書きました。内容は、映画のノベライズとは、また別物とお考えください。
全然、違う話です。
主人公が、観光課のおっさんです。

本屋さんには、ないかもしれないので、一応・・・
Amazonなどでも買えるようです。

http://www.amazon.co.jp/キツツキと雨-ユートピアを探して-沖田-修一/dp/4041100917
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106106846

小栗旬さんが、帯を書いてくれました。
ありがたや。

映画監督が出てくる映画を撮ったためか、宣伝で、いろいろと顔を出しております。

偉そうに語っております。

つい、こないだまで、金がなくて、穴の開いたジャンバー着てたのに。

バイト先で、客に理不尽に怒られて、落ち込んだりしてたのに。

大学だって、留年してるのに。

もう、たぶん、俺の人生、ピークくさい。
posted by okita at 04:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

2・11

映画館に行ったら、自分のアップが予告で流れてて、冷や汗かいた。
映画に集中できなかった。
恥ずかしい。

シナリオの完成稿を会社で徹夜して書いて、朝方寝て、昼過ぎに目を覚まし、その日、震災があった。
もう撮影は、目の前に迫ってきており、その翌日も、ロケハンに行くことになっていた。
会社は地下にあったが、恐ろしいほど揺れたので、皆で外へ逃げた。
隣がお寺だったので、そこに避難すると、周りの住人たちも、皆、家から出ていて、状況を見守っていた。
テレビをつけると、もう、すごいことになっていた。
集まってきていた、スタッフさんたちも、皆、釘付けだ。
おのおのが、身近な人の無事を確かめるため、連絡を取ろうとするのだが、そう簡単には繋がらなかった。
結局、その日は、深夜にようやく電車が動き、無事に家に帰れた。

来月、11日。その直後に撮影した、「キツツキと雨」がとうとう、公開される。

震災について、何かを言ったり、書いたりする気もなかったが。
ましてや、この映画と結びつけるほど、自分が何かを考えているわけでもないのだが。

公開に際して、今まで頑に無縁でありたかった「キツツキと雨」が、やはり、無事に撮影がなされ、こうして公開されることについて、幸せなことだと思ったので、正直に書いてみた。

みなさま、ありがとうございます。
お時間あったら、ぜひ、劇場に観に来てください。

幸か不幸か、難しいことは、全然考えておりませんので。
posted by okita at 00:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

世田谷の魔女

東京国際映画祭にて「キツツキと雨」が、審査員特別賞を受賞しました。
関係者のみなさま、本当にありがとうございました。
おかげで、酒が飲めます。
グランプリには軽すぎました。

いろいろなことが、滞っております。
待たせている方々、本当に申し訳ありません。

スマートフォンにしてから、メールがうまく送れません。
もう少し、指が細かったら、僕にもスマートフォンが使えるのでしょうか。
もはや小指で文字を打ちます。

メールをくださった方々、本当にありがとうございます。
手紙までくださった方、感謝感激して読んでおります。

滞っております。
自分のキャパを越えております。

世田谷。深夜2時。酒を買いに、西友へ走ったら、目の前を、魔女が通り過ぎました。
ほうきを抱え、自転車に乗る、世田谷の魔女。
飛べるだろうに。
いや、あれか、大人への階段を登りはじめ、猫の声も聞こえなくなったか。
ニシンのパイを持ってきておくれ。
そんな、ハロウィンの夜。

ファミコンウォーズのやりすぎで死にたい。
posted by okita at 01:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする