2014年05月18日

題名が

映画が秋口に公開される予定です。

題名が間違って出ているので、これは自分も立ちあがらねばと思い、書き込みます。

タイトルは「滝を見にいく」です。

「滝を見に行く」ではありません。

正しくは、

「滝を見にいく」です。

「行く」と「いく」では大違い。

よろしくお願いします。
posted by okita at 01:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

考察

酒、煙草、女と俗に言うけれど
よくよく考えてみると、酒は他の二つに比べて、バランスが良すぎるんじゃないか。
セックス、ドラック、ロックンロールと俗に言うけれど、
よくよく考えてみると、ロックンロールは、聴く側に立てば、やはり他の二つに比べて、今ひとつパンチがないような気がしないか。やる方にしてみたら、同列なのかな。むしろ一位なのか、いや、どうだろう。
桃太郎でいう、きじか。やはり、ドラックが強すぎる気がする。
のむ、打つ、買うと俗に言うけれど、
博打、売春と並び、酒は、それほどまでに、道楽なのか。私にはわからない。
てなると、
煙草、女、セックス、ドラック、博打、売春が、トーナメントを勝ち上がるような気がする。
いや、女とセックスと売春は、この場合、ひと括りにしてしまおう。
やはり、まとめると、女か。
煙草、女、ドラック、博打が、勝ち上がる。
そうなってくると、煙草の存在感が、今ひとつ、弱い気がする。
値上がりもしたし、喫煙者の立場は、もうほぼない。

結論

女、ドラック、博打が、最強だ。

でも、待てよ。
いいともが終わったタモさんは、とにかく昼から酒が呑みたいと言っていた。

結論

女、ドラック、博打、酒(タモリに限る)だ。
posted by okita at 03:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

秋まで待つ

冬は、寒いし
春は、花粉が飛んでるし
夏は、暑いし
ゆっくり外にいれるのは、もはや秋しかありません。

22日に、所沢のミューズホールで、ミューズシネマセレクションで「横道世之介」を
上映します。
http://www.muse-tokorozawa.or.jp/event/detail/20140321/
トークもあるので、お暇な方は是非。
はっきりいって、ほぼ地元です。

はじめてのバイトは、航空公園にあった、工場でした。
よくわからない機械の部品を、よくわからない機械に埋め込むバイトでした。
おじさんばかりで、友達ができませんでした。
唯一いた、若い男の子も、ヤンキーが入っていて、うかつに話かけられませんでした。
若い女の子には、そもそも、話かけられませんでした。
お昼に届く弁当は、特にうまくもなく、仕事中にかかるラジオだけが楽しみでした。

あれから、十数年。
ミューズは、当時、あったでしょうか。
帰りのバスで、もしかしたら、横目に見ていたかもしれません。

今回の上映。僕にとっては、ある意味、凱旋上映です。
posted by okita at 13:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

壁際へ、寄る

フィリップ・シーモア・ホフマンさんが亡くなったらしい。
もっと、見たかったなあ。
太った、とかブログに書いてる場合じゃない。

映画「横道世之介」が、いくつかの映画賞を、もらいました。
色々な方々に、ありがとうございました。
もうちょっと、頑張ってみます。

で、その映画祭で、去年の年末、フランスのパリに行ったのですが、そこで、財布をスられました。
シャンゼリゼ通りの、ど真ん中でした。
少女がついてくるなあとは思っていたのです。

追いかけたときには、もういませんでした。
小雨が降ってきて、路上に、立ち尽くしました。
しばらく呆然とした後、一気に焦りはじめました。
焦った私が、まずした事は、壁際へ、寄る、という事でした。
そして、煙草を一本、吸いました。
クレジットカードも入っていたので、混乱していたのです。
まずは、自分を落ち着かせる事が、第一でした。そして、考えました。
パスポートが盗られなくてよかった。
そう思うことにしましたが、実際、いろんなカードも入っていたので、泣きそうでした。
もう、僕なんて、エッフェル塔に刺さってしまえばいい。いや、いやだ。そう思いました。
電話した保険会社の人は、優しくしてくれました。
映画祭の方や、一緒に付き添ってくれた監督さんなどが、私を面白がって、慰めてくれました。
フランスの警官は、忙しそうでしたが、親切でした。
人は一人では生きれない。
そう思いました。
そしてまた、人は、本当に困ると、壁際へ、寄る。
そう思いました。
posted by okita at 19:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

デブ

太った。

気がついたら、やばいくらいに太っていた。

もう、どうすることもできない。

僕の手には、負えない。

あとは、世の中が何かしらの異常で、僕を除いた人類全員が、急激なまでに太り、
それで、もう、僕が、痩せて見えるしかない。

posted by okita at 02:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

謹賀新年と少年スポーツ漫画

あけましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。

正月、実家に帰り、昔読んでた漫画などを引っぱりだしてきた。
少年スポーツ漫画が好きなので、そんなもんばかりある。
読んでいて、ふと思ったことがあった。

少年スポーツ漫画は、往々にして、潜在能力の高い主人公がひょんなことから、そのスポーツなどをやる事になって、周りのチームメイトたちと、友情などを育みながら、成長していく。
次々と現れるライバルたちと、僅差の勝利をモノにして、なんだかんだあって、結局、全国大会に行くことになるのだが、そこら辺で、必ずといっていいほど、出てくる回がある。

学校の成績が悪くて、インターハイとかに行けないかもしれない回だ。

あれは、いったい、なんなのだろう。
誰が最初に描いたのだろう。思いついた人は、きっとすごい。

そのだいたいが、赤点問題で追試を受けることになり、頭の悪いキャラが、頭のいいキャラに教わって、家で勉強したりして、ギリギリセーフで、なんとかなる。
この回は、スポーツ漫画として、絶対に必要なのだろうか。
もう、ここで、追試がダメで、全国に行けない流れ、という漫画が見てみたい。
いや、この追試のとこだけを、数回に渡って、こだわるスポーツ漫画とか。

あと、全国大会の初戦は、大阪代表と当たる場合が多い気がする。

正月に、そんな事を考えた。
posted by okita at 01:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

抜群

いささか先生という名前は、やっぱ抜群だと思う。
posted by okita at 03:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

諸々

「滝を見にいく」という映画の撮影をしておりました。
山の中で、雨と闘いながらの撮影でした。
東京に帰った今も、ついた泥がとれません。
おそらく、情報など、まだ先のことと思いますが、来年に公開されると思いますので、見かけたら、ぜひ。
前に中編と書きましたが、堂々した長編になるかと思います。

書いてなかったので、情報など少し

テレビ東京の深夜ドラマ「ノーコンキッド ぼくらのゲーム史」の第8話だけ演出を担当しました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/noconkid/
懐かしいゲームが盛りだくさんでした。
ゲームセンターを舞台にした、ドラマです。現在も絶賛放送中です。

11月23日に公開される映画「ジ・エキストリーム・スキヤキ」に、ほんのちょっとだけ出演しております。
http://ex-sukiyaki.com
監督が前田司郎です。「横道世之介」や「ノーコンキッド」の脚本も書いてもらいました。
卓球好きの私としては、まさに、夢の共演でした。

「少年と自転車」という映画を観ました。
主人公の少年の動きが、とてもスピーディーでした。早すぎて、若干、イラっとしました。
自分が、あんなに早く動けないからでしょうか。嫉妬でしょうか。
遅い少年の方が好きですが、映画は面白かったです。

休みに何をすればいいか、わからなくなりました。
無駄に、家電量販店などに、赴き、買う気もない、パソコンたちを触ったりしました。
今のパソコンは、みんな、デザインが研ぎすまされ、無駄が省かれ、シンプルになって、まるで、フリーザの最終形のようです。
たまには、無駄だらけの、ごついパソコンも見てみたい。
厚さが10センチくらいある、軽反発のノートパソコンとか。
横から、両腕が出ている、人型パソコンとか。
キーボードのキーの配置が、他と全然、違うとか。
リターンキーが異様に小さいとか。叩くと、いちいち、松岡修造の声がするとか。
キーによっては、ちょっと食べることもできるとか。
もう、ルンバみたいに掃除もできるとか。
もっと、色々なパソコンがあってもいいのにな。
まあ、買わないけど。
posted by okita at 01:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

キャスト募集

秋ですね。

さて、この秋口に、中編を撮ることになっています。

おばちゃんたちが、山で遭難する話です。

キャストを、オーディションで決めます。
40代からの女性を限定にしております。
現在、50代以上の方、もしくは、60代、70代でもオーケーです!!
体力と興味のある方、こちらまで、ご応募待ってます。
http://www.eigeki.com/workshop/

posted by okita at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

だいちまお

セブンイレブンで淹れたてコーヒーの販売をしていたので、頼むと、ただの紙コップを渡された。
なんか、検尿みたいだ。

ファミレスで仕事をしていたら、少し離れた席に、おじさんと、若い外国人がいた。
どういう関係なのか、わからなかったので、こっそり見ていると、
どうやら、おじさんから、日本語を学んでいるらしい。
外国人は、必死に日本語を声にだし、メモをとっている。
ファミレスで、こんな授業みたいなこと、できるんだなあと思って、見ていると、おじさんが

「だいちまお」「だいちまお」

と言っている。

外国人も、真似をして、声に出し

「だいちまお」「だいちまお」

と繰り返している。その後、おじさんが、その意味を教えるかのように

「抱いてしまおう」

と言ったのだ。「抱いてしまおう」と外国人も繰り返す。

「だいちまお、抱いてしまおう」おじさんが言う。
「だいちまお、抱いてしまおう」外国人が言う。
「オッケー、オッケー」と言って、二人が笑う。

いったい、何を教えているのか。
「だいちまお」が、英語みたいだった。
posted by okita at 02:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする