2012年12月08日

手帳

手帳を買いに。
たくさんあって迷う。

今年は、時間を有意義に使う、とのことで、縦に時間が区切られている手帳を買ったが、全く効果がなかった。
手帳ひとつじゃ、そんな人は変われません。

一日一ページの手帳があった。
余白だらけ。何を書き込むのか。
毎日、そんなに書くことがあるのか。
使い方が書いてある、別冊があったので、見てみる。

濃い。
一日が濃い。

いろんな所に行き、いろんな人に会い、何かに気づき、想いを馳せている。
映画を観て、週末は、どうやらデートらしい。

リア充。本物のリア充。

こんな人になりたかったよ。
こんな人、いるの?
毎日は、矢のように、過ぎ去るのみ。
一日、一日は、そんな留まってはくれません。
ああ、時間よ。

Youtubeとか見てたら、2、3時間、平気で過ぎちゃうのに。
手帳に、矢印引っ張って、「Youtube」って予定を事前に書けというのか。

結局、月ごとのやつがあれば、充分です。

もう、厚紙に自分で枠書けば、事足りるな。
posted by okita at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

近況

全く更新していなかった・・・
ホームページ、更新できませんでした・・・
とりあえず、近況まで。

*2013 2月23日に、映画「横道世之介」が全国順次公開予定です。
http://yonosuke-movie.com/
*2012 TBS系列「イロドリヒムラ」第9話を担当させていただきました。12月10日に放送です。
http://www.tbs.co.jp/irodorihimura/

現在、ドラマの制作に入っている。何も知らない世界に、いきなり首を突っ込んだ。
怖いが、それだけに、緊張と、やりがいと、楽しみがある。
昔、志村けんのだいじょうぶだ、で、志村けんと、いしのようこが夫婦のコントをやっていた。
そのコントは、毎週楽しく続いたが、番組も終盤だったか、いきなり、ふたりの感動ドラマみたいな回があった。
笑いが一切なく、ただ、歳をとる夫婦みたいなやつだ。
これが、志村けんの本当にやりたいことだったのだろうか。
なんだこれ、と、当時は思ったが、今となっては、他の夫婦コントはあまり覚えていない。
ただ、その回のコントの記憶だけがある。
posted by okita at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

ホームページって、めんどうなの

とりあえず、閉鎖していたページを戻しました。

また、これからも、ちょくちょく更新しますので、よろしくお願いします。



posted by okita at 06:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

うま煮

ホームページを更新しようとしているが、今のソフトについていけず、断念。
もういい。
休戦だ。

牛肉うま煮そばを頼んだ。
うまかった。
ていうか、うま煮そばって、そもそもなんだ。
うまく煮ているそばなのか。
だとしたら、うまく煮ているのは、牛肉なのか、そばなのか。
うま煮は、うまい。
トロトロしててうまい。
まずいうま煮は、そうそうない。
うまく煮ているのだから、うまいに決まっている。
自分で言っているのだから、相当の自信があるのだろう。
有言実行そば。
うま煮の謎は、深まるばかり。

ていうか、調べてみたら、醤油、味りん、砂糖、出し汁などともに、甘辛く煮付けるのだそうです。

糖分よ。ああ、糖分よ。

「横道世之介」という映画の撮影が終わり、現在、編集作業中。

”のどに詰まる”という、ふざけた理由で
マンナンライフ蒟蒻畑がなかなか売ってない、今
しばらくは、糖分との戦いが続くだろう。

明日はどっちだ。
posted by okita at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

ラモス

目の前に、食べ物があると、いつの間にか、つまんでしまう。

もう、病気だと思う。

高校生の頃、ラモスを追いかけたことがある。

「待て!ラモス!」と叫びながら、走って追いかけた。

あれが、若さだ。

口さみしい30代。あの頃の若さを今一度。

それにしても、逃げるラモスは、速かった。
posted by okita at 15:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

ゆらす

ミッションインポッシブル4を観る。

トム、負けねえからな。

近頃。ぶくぶくと太り、おっぱいがでかくなってきた。

自分で揺らし、楽しむ。

今日も、自分のおっぱいを揉みながら、魁!男塾を読んで、寝ようと思う。

現在、編集中。

ミッションインポッシブル4で、トムの運転する車が、道行くラクダとぶつかりそうになり、間一髪で避けていた。

これを超えるアクションシーンは、まだない。
が、負けないように、頑張らなくてはいけない。
posted by okita at 01:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

横道世之介

「キツツキと雨」が公開しています。場所によっては、もうすぐ終わったり、また始まったりしている模様です。

観てくださった方々、ありがとうございます。
面白かった方も、面白くなかった方も。
二時間つきあわせました。貴重な時間をありがとうございます。

ほっこり系映画監督の端くれとして、これからもがんばります。

さて、次のほっこりする映画を、ほっこり準備しております。

情報がもう、公開されております。

「横道世之介」という映画です。
http://yonosuke-movie.com/

エキストラを募集しているので、暇な方は、ぜひ、参加してみてください。

忙しいときにかぎって、TSUTAYAから、半額のお知らせがきます。

これに、返信してみたら、どうなるんでしょう。

いつもありがとうございます。もうすぐ春ですね、僕は、今日、カツ丼を食べました。カロリーがちょっと心配、みたいなことを書いて、今度、返信してみようと思います。

家から、チャリこいで、ぜいぜいはあはあ言いながら、駅まで走り、満員電車に揺られ、具合が悪くなり、その場にうずくまりました。

もう嫌だ。

翼くんや、岬くん、若林くんにはなれません。
平戸中学、佐野くんになれたらと思います。
posted by okita at 02:26| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

本が出ました、買ってください

「キツツキと雨 〜ユートピアを探して〜」という本が、絶賛発売中です。

51mwkwFslzL._SL500_AA300_.jpg

映画のために、書きました。内容は、映画のノベライズとは、また別物とお考えください。
全然、違う話です。
主人公が、観光課のおっさんです。

本屋さんには、ないかもしれないので、一応・・・
Amazonなどでも買えるようです。

http://www.amazon.co.jp/キツツキと雨-ユートピアを探して-沖田-修一/dp/4041100917
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106106846

小栗旬さんが、帯を書いてくれました。
ありがたや。

映画監督が出てくる映画を撮ったためか、宣伝で、いろいろと顔を出しております。

偉そうに語っております。

つい、こないだまで、金がなくて、穴の開いたジャンバー着てたのに。

バイト先で、客に理不尽に怒られて、落ち込んだりしてたのに。

大学だって、留年してるのに。

もう、たぶん、俺の人生、ピークくさい。
posted by okita at 04:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

2・11

映画館に行ったら、自分のアップが予告で流れてて、冷や汗かいた。
映画に集中できなかった。
恥ずかしい。

シナリオの完成稿を会社で徹夜して書いて、朝方寝て、昼過ぎに目を覚まし、その日、震災があった。
もう撮影は、目の前に迫ってきており、その翌日も、ロケハンに行くことになっていた。
会社は地下にあったが、恐ろしいほど揺れたので、皆で外へ逃げた。
隣がお寺だったので、そこに避難すると、周りの住人たちも、皆、家から出ていて、状況を見守っていた。
テレビをつけると、もう、すごいことになっていた。
集まってきていた、スタッフさんたちも、皆、釘付けだ。
おのおのが、身近な人の無事を確かめるため、連絡を取ろうとするのだが、そう簡単には繋がらなかった。
結局、その日は、深夜にようやく電車が動き、無事に家に帰れた。

来月、11日。その直後に撮影した、「キツツキと雨」がとうとう、公開される。

震災について、何かを言ったり、書いたりする気もなかったが。
ましてや、この映画と結びつけるほど、自分が何かを考えているわけでもないのだが。

公開に際して、今まで頑に無縁でありたかった「キツツキと雨」が、やはり、無事に撮影がなされ、こうして公開されることについて、幸せなことだと思ったので、正直に書いてみた。

みなさま、ありがとうございます。
お時間あったら、ぜひ、劇場に観に来てください。

幸か不幸か、難しいことは、全然考えておりませんので。
posted by okita at 00:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

世田谷の魔女

東京国際映画祭にて「キツツキと雨」が、審査員特別賞を受賞しました。
関係者のみなさま、本当にありがとうございました。
おかげで、酒が飲めます。
グランプリには軽すぎました。

いろいろなことが、滞っております。
待たせている方々、本当に申し訳ありません。

スマートフォンにしてから、メールがうまく送れません。
もう少し、指が細かったら、僕にもスマートフォンが使えるのでしょうか。
もはや小指で文字を打ちます。

メールをくださった方々、本当にありがとうございます。
手紙までくださった方、感謝感激して読んでおります。

滞っております。
自分のキャパを越えております。

世田谷。深夜2時。酒を買いに、西友へ走ったら、目の前を、魔女が通り過ぎました。
ほうきを抱え、自転車に乗る、世田谷の魔女。
飛べるだろうに。
いや、あれか、大人への階段を登りはじめ、猫の声も聞こえなくなったか。
ニシンのパイを持ってきておくれ。
そんな、ハロウィンの夜。

ファミコンウォーズのやりすぎで死にたい。
posted by okita at 01:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする